未経験からフリーランスの映像クリエイターになるための方法

未経験からフリーランスの映像クリエイターになるための方法

皆さんは映像クリエイターという職業をご存知でしょうか。

一応私がそれにあたるのですが、近年では、スマートフォンやインターネットの普及により、様々な場所で映像を目にする機会が増えましたよね。YouTuberも「動画クリエイター」「マルチクリエイター」などと呼ばれています

その映像を制作しているのが、映像クリエイターという職業になります。仕事の幅が広く、働き方も多岐に渡り、特に最近ではフリーランスとして活躍している人も多くなってきています。

そこで、「未経験からフリーランスの映像クリエイターになる方法」というテーマで、初心者向けに映像クリエイターという職業について詳しく解説します。

映像クリエイターってどんな仕事?

映像クリエイターとは、映像を制作するすべての職種の人のことを指します。

テレビやゲームなどで流れるオープニング・エンディングムービー、会社の紹介動画、結婚式の余興ムービー、YouTube動画、等々、1日1回以上は見るのではないでしょうか。

そんな映像クリエイターは主に、”制作系””技術系”に分けられ、多くは、テレビ局や広告代理店・映画会社などの業界で活躍しています。

 

制作系

制作系はプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクターなどです。

動画や映像を制作するために必要な企画や脚本・演出・予算管理などが主な業務になります。知識や経験・人脈形成が求められる職種が多いのが特徴です。

 

技術系

技術系は動画の編集や加工、CG、音声収録などが主な業務になります。

ディレクターと密に連携をとり、メッセージ性の強い映像を作るために、高いスキルが求められます。

 

年収について

映像クリエイターの年収は職種や会社の規模・働き方によって大きく異なってきます。

平均では400万円前後と言われていますが、大手のテレビ局や広告代理店の場合、1000万円を超えるケースも少なくありません。

職場にもよりますが、年収が安い割りに、過酷な労働環境にあるのが現状です。

  

未経験からフリーランスの映像クリエイターになる3つの方法

フリーランスの映像クリエイターとして活躍している人は数多くいます。

特に最近ではYouTube等の普及によって需要が増え、その数というのは急増しており、私の知り合いにも、YouTubeで動画を上げていくうちに制作が楽しくなり、本格的に映像クリエイターになりたい、という方も多くいます。

ここからは、未経験からフリーランスの映像クリエイターになる方法を3つご紹介します。

 

専門スキルを高める

フリーランスの映像クリエイターとして仕事を取るには、人脈と映像制作を行うための専門スキルが必要不可欠です。

同じ職種の方に負けないくらいのスキルを身につけることが、フリーランスとして稼ぐためには大切なことです。

完全な初心者であれば、まずは動画編集から学ぶのがオススメです。独学が難しければ、スクール等で学ぶのも効果的な方法でしょう。

 

クラウドソーシングサイトで仕事を始めてみよう!

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注したい企業や個人が、インターネットを通じて不特定多数の人々に仕事を依頼したりアイディアやデザインを募集したりするためのWEB サイトです。

ここには、映像制作に関わる仕事が数多く掲載されています。求められるスキルも異なってくるため、まずは自分にできそうな仕事から始めてみましょう。

様々な仕事を行うことで、映像クリエイターとして必要なスキルが身についていきます。

 

参考までに、有名なサービスサイトを2つ紹介します。

CrowdWorks クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

日本最大のクラウドソーシングサイトです。

映像制作系はもちろん、プログラミングなどの開発系や、ライティングなどの仕事も多くあります。

 

Lancers ランサーズ

https://www.lancers.jp/

クラウドワークスと同じようなサイトですが、こちらは特に、記事作成や文章校正などの、ライティングが得意なようです。

 

映像制作会社で経験を積む

未経験からフリーランスの映像クリエイターとして活躍していくことは決して簡単なことではありません。特に人脈のないままフリーランスになってしまうと、仕事がない状態になることも少なくありません。

慣れない最初の頃は、営業から契約・仕事までを全て自身で行うことは思いのほか大変です。

映像クリエイターは、まだまだニーズのある職業ですので、まずは会社で経験を積み、数年後にフリーランスになるのも遅くはないでしょう。

 

最後に

以上、映像クリエイターになるための心構えというか、方法をお伝えしてきましたが、クリエイターという職業はどれも、技術職でもあり、とても頭や体を全て使う、総合職のような仕事に近いと思います。

それ以上に、一番大事なのは「熱意」です。私なんかは、クリエイティブの仕事は好きで、作業をしていると時間を忘れてしまうくらいなので、 趣味=努力 でもありますが、やはり一人前になるためには、人一倍の努力と、勉強と、時間をかけてきました。

この仕事を好きになることも、とても重要なことですので、一つ一つに、”楽しさ”を見つけて、是非楽しんでいただければと思います。